日々は楽しい♪

--.--.--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/

2006.06.30(金)

 朝、朦朧とした中、荻窪に。銀行業務を終えて体力付けるために定食屋で生姜焼き定食食う。金春さんと合流してサンライズに。
 これは「杉並アニメ物語」の取材。
 終わって午後からTAHITI STUDIOで「僕等がいた」コンテ打ち合わせ。
 その後せっせとコンテ作業。
 長濱博史からメール。
 「僕等1話完成おめでとうございます。これからアメリカに行ってきます」
 おいおい、なんちゅうかっこいいメールじゃ! ええなあ。
 夕食。最近仲間うちで、カレーの話で盛り上ってるのでひとりでとぼとぼ阿佐ケ谷駅前の「クマリ」というインドカレー屋に行く。
 でっかいナンがうれしい。
 でも、インドカレーより日本風の方がいいなあ。
 引き続きコンテ作業とレイアウトチェック。
 これからまだ集合掛かってるので、夜中にラッシュチェックの予定。
 今年も半分終わっちゃったねえ~。
スポンサーサイト
/

2006.06.29(木)
060629_1740~0001.jpg
 昨夜も朝方まで作業。
 眠いのを体にむち打って、午前中、武蔵関。夕方は阿佐ケ谷からバスで八成橋へ。「おじゃる」と「僕等がいた」カッティング。その間は惰眠をむさぼる。
 夜また朝方まで作業……しようと思ったんだけど、何故か無性に体がだるい……。か、風邪か!?
 2時で作業を打ち切り、思い切って寝ることに。
/

2006.06.28(水)

 午前中、自宅のウッドデッキに出て「僕等がいた」のシナリオを読む。
 考えてみると、こうしてデッキに出るのは物凄くめずらしい。
 普段いかに自宅にいないかってことだね。
 これからはせっかくのお気に入りのデッキなんだからもっと満喫しなくては。
 しかし、まぶしい。
 目を細めて無理して屋外で読むシナリオ。
 この「僕等」のシナリオを読むのはすごくいい時間なんだよね。
 はっきりいって「僕等」の小説を読んでいるみたいに入り込んじゃうの。
 泣いたりしながら読んでるの。
 そのたびに「いいセリフだなあ~」なんて思ったりしてるの。
/

2006.06.25(日)


 今朝、「柳生新陰流極意 無刀の伝」村山知義:著を読み終えた。
 面白くなかったあ~~~~~!!
 この本は相当若い頃から読みたくて読みたくて仕方なく探していたものだったのにい~。
 村山知義といえば名作「忍びの者」の作者だ。
 「忍びの者」は市川雷蔵主演で大映で映画化されて人気を得た作品だ(らしい)。
 しかし、大地が「忍びの者」に触れたのは品川隆二主演の東映のテレビシリーズ。
 見たのは多分高校生の頃。
 開局したばかりのテレビ神奈川が放送していて、当時ざらざらに荒れた画面でしか観られなかったけど、子供の頃お袋が「品川隆二の石川五右衛門の時代劇が面白かった」と言っていたのを覚えていて、無理やり毎週観ていたのだ。
 面白かった!
 この時代劇は面白かったねえ~。
 その後市川雷蔵のを見たけど品川隆二の方が圧倒的に面白い。
 んで、原作である村山知義の小説「忍びの者」を読んだのだ。
 テレビシリーズとはかなり違ってたけど、この小説も面白かった。
 これはオススメ。
 忍者の実態を本当に克明に書いていて、それまで白戸三平でしか知らなかった忍者の知識をもっとリアルに得られたのだ。
 特にテレビシリーズでも描いてたけど「百地三太夫」の秘密がめちゃわくわくする。
 その村山知義が書いた「柳生」の本であるこの「柳生新陰流極意 無刀の伝」は同じように面白いに違いないと思って、柳生十兵衛fanのオレとしてはこの頃から読みたくて読みたくて仕方なかったのだ。
 でも「忍びの者」と違ってどの書店に行っても手に入らない。
 それがようやくネットの時代になって検索して神田の古本屋にあることを知り、6年くらい前についに手に入れたのだ。
 でも、なかなかじっくり読む機会がなくてねえ。
 頭の何ページかは一度読んだんだけど続かなくて。
 冒頭は、筆者が柳生街道を歩いた時の描写であった。
 実は「忍びの者・序の巻」の続編の「五右衛門釜煎り」では、織田信長の最後の描写が3回描かれている。その3回目の後に「ちょっと待て、織田信長の最後を私は3回も書いてしまった。耄碌したか!」みたいな一説があって、大地はえらく面白かったのだ。こういう遊びがね。
 だから「無刀の伝」の冒頭に筆者が出てきたのは、こんな遊びの文章がこの本でも楽しめると思ったのだ。
 でも!
 でもね!
 この本、小説じゃないのよ。
 村山さんが調べた柳生の資料の書き留めだったんだよ。
 あの文献にはこう書いてあった。違う文献にはこう書いてあった。
 ほとんどの小説家はこんなふうにかいてるけどオレはそう思わない、みたいなことばっかり。
 つまらんわ!
 しかも、しかもね!
 柳生のことよりその周囲のことばっかり書いてあってさ。信長とか秀頼とか家康とかナントカの方とか、全然知らないヤツとか。
 それでもまだ沢庵禅師と家光辺りなら多少十兵衛なんかにも関わってるからまだいいんだけど。
 それにしてもすぐ横道それるのよ!
 ちーーーーとも進まない。
 すぐ横道、っていうか、ほとんど横道じゃ!
 柳生のこと1ページだって続きはしない。すぐ関係ないヤツの話。
 柳生のことなんて全体の100分の一じゃ!
 しかも「多分コレが本当の話だ」ってことばっかりで、たとえば十兵衛が隠密で諸国を旅したなんてデタラメじゃ!みたいなコトばっかりかいてあるの。
 つまり。
 夢壊してるだけじゃあーん!
 それよりなにより、その事実もちっとも面白くないし、興味ないし、いや、興味は在るんだけど、なにしろむずかしくてさあ、何が書いてあるのかようとしてわからん! オレが頭悪いってのもあるか。
 おとっつぁん(村山氏)この時72歳だったらしいけど、なんかおじいちゃんがだらだらだらだらまとまらない話をしてる感じだったわ。
 それでも「柳生」好きのオレは最後まで読んだんだけど……、印象に残ってるものはひとつもないよお。
 いやあ、物凄い時間かけて読んだわ。
 で、本当に「忍びの者」は面白かったのか、もう一度読み直すことにした。
060627_1046~0001.jpg
 長げえ!
 仕事いそがしんとちゃうんかい!?
/

2006.06.24(土)
 飲んだ割りには起き抜けに馬鹿豚ラーメン食って、活発に仕事!
 この辺がオレは怪物かって思うところ。
 どこかでメールアドレスを言ったらしく、大平先生の生徒さんから感謝のメールがたくさん届いていた。
 すまんです、余裕がなくて返信してません。

 この日の仕事は細かく細かくあったけど夕方の殺陣の前にすべて終わらせる。
 殺陣はストレス解消のため、週1は確保しておきたいのだ。
 少しづつ少しづつ上達している気がするもののまだ余裕がない。
 どうしても思うように体が動いてないのが悔しいねえ。
 
 終わってからもまだ仕事。
 もうエンドレスになってきたわいな。
 しんどいはしんどいけど、アニメ作るってやっぱ楽しいわ。
/

2006.06.23(金)

 中央線に乗ったらこんな広告が。武蔵小金井の東京工学院専門学校の広告みたい。そういえば来月ここでまた講演するんだよな……なんてことを考えながら武蔵境のアートランドで打ち合わせ。
で、
060623_1807~0001.jpg 060623_1823~0001.jpg
 これこれ。
 大平透さんのゼミの生徒さん約80人に講演したわ。
 そのあと60人と親睦会、っていうか飲み。
 すげえ人数だったわ。
 久しぶりに(いや、久しぶりじゃない!)酔っぱらったわ。
 このあと吉祥寺で7~8人と飲んでた江口寿史、泉晴紀らと合流したがその後のことは良く覚えてないわ。
 楽しかったことだけはおぼろげに記憶あるわ。ソラ楽しかろうよ。
 っていうか、オレの髪の毛変!
/

2006.06.23(金)

 出来ました! イラスト!
 しかし、ヘタだなあ~……。
 ま、いいや、1コ終了!
/

2006.06.21(水)
 セ、セロって何モンだよお~!
 すっげえ!
 凄すぎるよ!
 感動したよ!
 泣いたよお~!
 何度も口開いたまま固まったよお~!
/

2006.06.20(火)

 作成中の「けやき十四」のイラスト。
 これ、昨年やった舞台のDVDのジャケイラストだす。
 絵の具だけで描いてるんだけど、ア○ベルト・ス○ギ氏の○作をした和田義彦氏のタッチに感動したので、さらに盗○しようとしたんだけど、難しいので、関係なく描いてます。
 DVDの発売はまだ未定だけど、夏は過ぎます!夏はアルベルトスギます!やかましいわ!

 しかしアレだね。昔からマンガやらであれだけさんざんメカに使われる人間の悲劇を描いて来たのに、歩きながらとか電車の中で必死にケータイやってるヤツや朝までパソコンやっとる娘見てると、なんちゅう無駄だったんだろーと思うねえ。
 てかオレもそのムダ野郎だけどよお~!
/

2006.06.18(日)
 トラブル……感動……トラブル……感動感動……トラブル感動感動……の日々。
 アニメの制作って面白い!
 こんなんが楽しいわ。
 こんなんして作るんだよ、作品て。
 トラブルって乗り越えるモノだよ。
 そこには何倍もの感動が待っている。
 今日はしかし、ちっぽけな自分の了見で感動体験1コ逃してしまい悔しい思い……。
 ま、いいや。それでも感動は多いんだからシアワセよ。
 
 日曜なのに平日と同じプログラム。
 しかし、さすがに朝からバリバリやる気になれず、2時近くまで家で倒れてた。
 やらねば……やらねばならぬことが……、と、自分に言い聞かすけど体が動かず。
 暇ならウチのコトやってよと簡単に言う妻にむかっとして「ひ、暇じゃねえよ!」とその勢いで一気に仕事に出掛ける。
 アートランドに打ち合わせに行くと長濱博史が来た。
 昨夜あったばかりなんで思わず顔あわせて笑い合う。
 終わったはずの「蟲師」をまだやってる長濱。どこまでやるんじゃ!蟲じゃ!お前はアニメの蟲じゃ!

 夕方神戸の渡邊さん来て打ち合わせ。
 その後神戸上京組と会食。
 また飲んでる。
 またバテてる。
 寝ろっての、もう!
/

2006.06.17(土)
 何となく腰にうっすら痛み。
 ま、また腰痛かあ!?
 こ、このところちょっとストレス溜まってたから来てもおかしくないなあと思ってたら来たよ。
 ふふ、思ったとおりだ。
 ふふ、じゃないわ!
 今日は久しぶりの殺陣ですから。休みたくないし~。
 様子見ながら打ち合わせに武蔵境に行く。
 どうも腰痛はそれほど過激に進む様子がない。
 なら行けっ! ちゅーんで夕方から練馬方面で殺陣。
 いやあ、今日の湿気はすごいねえ!
 いつもの倍以上の汗が出たわ。
 Tシャツも替えの分までびっしょり!
 タオルと手ぬぐい4本もぐっしょり!
 しかしこれがいい汗かいたってヤツ。
 終わった時の爽快感はないね!
 しかもちょっと先生にほめられたりなんかしてセブンイレブンいい気分。
 腰痛は問題なし。
 殺陣はストレス解消にゃあ、持って来いだわ。

 ちょうど殺陣が終わった時に片岡Pから電話。
 「蟲師」の長濱とスタッフと飲んでるってんでそのまま新宿で合流して飲む。
 長濱博史、「蟲師」全工程終えて魂抜けてる。
 グロッキーな彼を帰し、片岡Pと阿佐ケ谷で飲み直し。
 また飲んでしまった……。
 また朝まで行っちゃった……。
 寝れば良いモノをよお~……。
 アホです。
/

2006.06.16(金)
CIMG6595.jpg CIMG6607.jpg

CIMG6606.jpg CIMG6601.jpg
 このところ朝方まで仕事してるので起きるのがちょい遅め。
 今日は起きたら11時。
 三女が弁当を忘れてるってんで届けに行く。
 小学生か!
 しかし、学校に行くのって緊張するわ。
 めちゃめちゃおどおどしながら警備のおじさん通って、受付通って、職員室通って。
 無事届ける。

 TAHITI STUDIOから少し荻窪寄りの、阿佐ケ谷北二丁目の雨の光景が美しく、久々に写真撮りまくる。

 今週は久々にコンテ作業が切れてる。
 コンテがないとなんかほっとする。
 しかし、気が緩む。
 夕方まで細々とした作業。
 まずは何故か「けやき十四」のイラストを描かなくちゃいけないんで絵の具を吉祥寺のユザワヤに買いに行く。
 ついでに「なかだ屋」でさんま開き定食を食う。
 なんかも少し吉祥寺歩きたい気持ちを抑えて仕事場戻る。
 イラスト、出来上がりのイメージはあるんだけど、どういう風に描けばそういう絵になるのかわからず想像で描き始める。
 今日は背景だけで終わり……。

   CIMG6616.jpg

 このバス停は大地が育英高専に通っていた時に使ってたバス停だ。
 今は週1、編集のJフィルムに阿佐ケ谷から向かう時に使ってる。
/

2006.06.14(水)
060614_1908~0001.jpg
 「ギャグ日2」のプロモで江口寿史とテレビ対談。酒がないと照れ臭くて話せないシャイなふたりの為に阿佐ケ谷の「吐夢」を借り切ってノミながらの対談撮影。
 話は「ギャグ日」と我らの出会いやコメントを言いつつ、ふたりのギャグ感に関してあれこれ。最後は田村信が乱入して締まらない締めになるという流れ。
 タムタム乱入後は久々の「E.T.Tトークライブ」の感覚が甦りオレもエグチンもリラックストークになる。さすが俺たち、仲いい!
 この後だだ流れに飲み会になったコトはゆーまでもない。
 その為に急ぎの仕事は全部片づけてきたのだ!
 名塚かおりんも駆けつけてくれてスタッフ交えて飲む。
 2時で帰るつもりが、さすが飲み始めたら理性飛ぶオレ。
 結局朝6時まで……。
 対談の放送はキッズステーションでいづれ放送される!
/

2006.06.11(日)
 13時まで眠りこけてました。
 なんか雨降ってたし。
 オレ、今日休みたかったのは日曜は良い天気って聞いたからなんだけどさ、それ家のモンに言ったら「いつの情報だ」って言われたわ。
 金曜くらいの情報だったんじゃないかなあ~?
 でも梅雨入りしたんだしね。
 もそもそ起きて風呂入って長女と馬鹿豚ラーメン食いに行く。
 餃子のつくAセットにしようとしたらない!
 2時半までなんだってアレ。
 もう3時だもんなあ。
 終わって久しぶりにタピオラに行ってみた。
 そしたらマスターはいなくてお客さんが留守番してた。
 「喫茶一服」か!?
 コーヒー仮面か!?
 落ち葉履きに行ったんかい!?
 2年半ぶりに来たってのに。
 仕方なく帰宅。
 おや、長女がいやに姿勢良く歩いてる。今まで猫背だったのに。言うと「職場の人にも言われたの。自分でもわからないんだけど猫背治ったんだよね」だって。
 今長女は週3回スイミングしているんだけどその所為だろうか?
 だとしたらすごいねスイミングは。
 家に帰ってごろごろしてるうちにまた寝ちゃった。
 起きたら夜7時。
 ひゃあ、疲れ溜まってんだな。
 そのままつまらないテレビを見ながら過ごし、あとは風呂しか楽しみなく、入って寝るのみ……。
 仕事場にケータイも忘れてきたのでのんびりの休日だったよ。
/

2006.06.10(土)
060610_0419~0001.jpg 060610_0417~0002.jpg
 あまり寝ないまま三鷹に。
 新企画の打ち合わせ。
 新企画て!
 こんな時期に新企画てえ!!!!
 帰りに当然ながらハルピンのエビ餃子食う。
 吉祥寺に寄り道して(たったの500円の買い物して)TAHITI STUDIOにin。
 またまた次のコンテチェック!
 でも昨日と同じですがすぐに掛かれない。
 エンジンが掛からない。
 気がつくと夕方6時。
 ぎょえ~~~~!!!
 一体その間何をやっていたんだよお~~~。すでに記憶すらないわ。
 コンテ。宮下さんのコンテ。
 いいなあ宮下さんのコンテは。
 割りとサクサク進む。
 気が抜けてちょっと休んだりする。
 月影兵庫の殺陣をスロー再生して研究。
 うわっ! 早っ! スロー再生でも拾えず。
 こんなことやっとる場合じゃないわ!!!
 サクサクやればもっと早く終わるものを結局日にち跨いで12時半まで掛けてようやく終わる。
 アートランド土肥来て回収してもらい一段落。

 今日はこれからも一コ仕事するです!
 するんですよ奥さん!
/

2006.06.09(金)
 朝から土砂降り。
 阿佐ケ谷駅前に出来た「ととや」の丼の店に入った。
 マグロ漬け丼を頼むが……ううむ、イマイチ……。
 吉祥寺のなかだ屋って事にはならないね。
 それにしてもマグロ漬けと飯だけってのでもうダメだったねオレは、物足りなくて。

 そんな朝昼兼用の飯を食って、今日は改めて次のコンテのチェック!
 と、そう簡単に次に行けないのがグータラなオレ。
 なんだかんだとでれでれ過ごし、気分が乗るまで久々にFinal cut proをいじりながら「ギャグ日」のセリフ編集をやってみる。
 と、ありゃ、こんな簡単に編集するショートカットがあるのか!
 いつもギリギリ迫られてマニュアルもヘルプも読まずにあてづっぽうでやってるから感動!
 となるとこのセリフ編集に没頭!
 いやあ、すでに収録も何本かやったんだけど、このセリフ編集はすげえ面白いわ。
 セリフ聞いてるだけで吹き出すわ。
 早くみんなにも聞かせたいぜまったく!
 ギャグ日はこの作業が一番先なんで、絵が出来るのはまだまだ先だわ。

 一旦ギャグ日の手は休めて「僕等」の次のコンテチェック。
 と、まだいけないのがグータラなオレ。
 そういえばゴン太の最終原稿を取りに来るって行ってたっけ。
 まてよ、扉のイラストちょっと直したいなあ、なんて思ってそっちに没頭。
 何枚か描いて気に入ったのが出来る。
 ちょうど編集Sっちが来る。
 わーい、コレで全部渡せたあ、と思ってたらSっちが「大地さん扉用のロゴも描いて下さい」だって。「横と縦とどっちかなあ」「一応両方描いておいて下さい」。
 鬼だ!
 でもすぐ描く。2分で描く。こだわってないからね。


 で、Sっちが帰った後の今日のテーブルの上が↑の写真。
 このコンバースに咲いた花は、最近訊ねてくる女性スタッフに受けてる。
 なんて乙女チックな大地でしょう!
 刀はたまに気分転換に振るのだ。て、ほとんどの時間が気分転換じゃねえかよ!

 さて、だいぶ陽も傾いてきたよ!
 いよいよコンテ!
 すでに何本かコンテに手を入れてきて、この作品の手法を固めて来つつあるので少しばかり気が軽い。
 さらに今回のコンテのアートランドの今泉さんはすごく安定してていいコンテ。
 スラスラ作業が進み嬉しい。
 夕方みねらる屋でディナーしてバスで「僕等」カッティングに下井草まで。
 終わってまたコンテの続き。
 それとレイアウトチェック。
 でもって、終了したのが夜中3時だわ。
 雨も止んだね。帰ろう。
/

2006.06.08(木)
 ようやく一段落。
 って言ったってチョー大慌てでやらなくちゃいけない仕事だけだけど、もうこのところノンストップだったからやっと一息。
 疲れたわ。
 どこかでこういう一段落がないととっても持たないわ。

 気がつくと11時だったので一杯飲みたいけどこんな時間から呼びだせるヤツもいないのでひとりでまったりハイボールちびちびやりながら「太田光が総理大臣になったら」と「金八」第2シリーズの最終回見る。

 明日からまた次の山に向かって行かねば。
/

2006.06.07(水)
060607_0401~0001.jpg
 レコーディングの後おじゃるのコンテ3本チェック。朝までかかっちゃった。
 帰り道の阿佐ケ谷の夜明けの空。
 ああ、なんか寂しいよお~。
 
 なので、今日は実は午前中に「日本沈没」の試写会に行くつもりだったんだけど断念。
 午前中ゆっくり寝て午後は「僕等」シナリオ会議。
 終わってトレーニングジムに行き、夜は「僕等」演出打ち合わせ。
 終わってTAHITIでまたコンテ。そしていろんなチェック。

 ホントに仕事量がいきなり増量されてきたけど、今回改めて思ったことがひとつ。
 アニメって実にたくさんのスタッフで作っている。
 なんて今更そんなことを感じたのは、久々のアニメ新作であるのと、自分からやりたいと言ったからでしょう。
 大地丙太郎が「やりたい」と言った一言でこんなにも多くの人が関わって動いてくれるのかということを実感しているのであります。
 感謝感謝。
 そしてもう一つある。
 あらゆる作業に出来るだけ関わりたいけど、現実にはそれが出来ないから、誰かに託す。その託す人に思いを込めるからだと思う。託された人がみな答えてくれるからだと思う。
 いやあ、アニメってすげえや。
 と、休憩中は手を休めろって(自分に)言いたいけど書いちゃった。
/

2006.06.06(火)

 今夜はこんなところに来ましたよ。
 東京に住んでてもなかなか東京タワーの見えるところには来ないからねえ。
 思わず撮った。
 何しに来たかと言うとレコーディングである。
 内容は言えないけど、感激のレコーディングだった。
 ほんの短い時間にいろんな感動が交差したよ。
 大地、いい仕事してまっせ!
/

2006.06.04(日)
 夏目漱石「こころ」を読み終える。
 つまらんかった。
 もういらついちゃってダメだ。
 オレせっかちだからね。
 あんなんあの分量の5分の1で済むんとちゃうんかい。
 っていうか自殺すんなよって思うのみだわ。
 そのまえに「坊ちゃん」も読んだがつまらんかった。
 勢いはあるんだけどねえ。内容がないよ。あるの? 有名文学だからなんかいいとこあるんだろうね。わからんでした。
 明治時代の文学だもんね。しゃあないか。
 ただ「坊ちゃん」は萬屋錦之助主演で沢村忠が映画化したら面白かっただろうなあ。
 さて、ちょっと止めてた村山知義の「無刀の伝」の続きを読み始める。
 これもしかし、そうとうつまらんよ。
 でも「こころ」を読む前より読みやすくなっとるわ。
 なんぼか面白いってコトかね。
 「無刀の伝」に関してはまた読み終わったらなんか書くわ。

 結局日曜日もとうとう仕事に当てることになってしまってるわ。
 今日も昨日上がらなかったコンテの続き。
 夜は収録。
 戻ってコンテ。
 終わったあ。
/

2006.06.03(土)
 昨日は横浜の県民ホールに「小林旭コンサート」を見に行ったのだ。
 忙しいのと違うのかい!?と、何人かに突っ込まれましたが、さほど忙しくない時にチケットを取ったもんで……忙しいけど行っちゃった……。
 アキラは30年間ファンだけどコンサートに行ったのは初めて!
 いやあ、もう笑った笑った、アキラの登場には。カーテンにアキラのシルエット!
 かっくいい!
 2時間、アキラはひとりで語り、歌いまくる。
 特に「アキラ節メドレー」はすっごい!
 動く動く!
 69歳なのに、イナバウアー並みに動き、終わった時にハンカチで汗拭きまくる。
 そして「情」のある仕事をしたいと語り「情」のある歌を謳いまくる。
 語りと歌の間が合わないとバンドを止めてもう一度頭から歌い直す。
 すごいわあ!
 「情」のある仕事をする。
 コレがアキラが50年間スターである意味なのだ。
 アキラは今の浮き沈みの激しい芸能界を批判する。
 芸がない芸人を批判する。
 オレは聞きながら自分に置き換えて反省する。
 「情」をきちんと表現しているだろうか。
 「芸」のある仕事をしているのだろうか。
 アーティストの先輩から吸収するコトは本当に多いのだ。
 アキラ、歌も客席から一緒に歌ってそして心からの拍手を送った。
 ああ、かっこいいぜアキラよお~。
/

2006.06.01(木)
 うわっい、6月じゃん!
 最近こっちかかないで激量クラブブログばっかり書いてるオレです。
 なんかこのところ3ヶ月くらい現状維持かリバウンド傾向にあったのに急に減量出来たんだよ1.5kgくらい。
 きっかけは日曜日に行った殺陣だったような気がする。
 あとでコーチから「今日の手はきつくてすみませんでした。大丈夫ですか?」と気遣われたくらいハードな手だったんだけど、いや、はあはあ言いながら汗だくになりながらではあったよ、確かに。
 オレだけだからね、こんなおっさん。気遣われるのは当然。
 でも、もちろん大丈夫!
 しかもめちゃ楽しくってさ。
 その夜から劇的に減量しましたよ。
 その勢いで半身浴と低炭水化物食事法と毎日暇さえあれば腹筋とかやってたら今朝またがっくんと落ちたわ。
 健康的に痩せてると思うよ。
 何かを我慢してるってことないし。
 低炭水化物の食事も美味しいものを食べると言うポリシーは曲げないのだ。
 これで最近良く言われる「めたなんたら症候群」もなんたらしたるわ。

 でね、今日さ、顔洗う時にアレ?って思ったのよ。
 なんか感触が違うの。
 顔が小さくなってる気がするの。
 毎日顔は洗ってるわけじゃない。
 その両手が顔の肉の感触わかってるわけじゃない。
 なんか違うのよ。
 ほっぺたの肉がそげてる気がするのよ。
 こりゃやっぱり!
 060520_1444~0001.jpg
 ちなってぃ推奨の小顔マッサージャーの効果が出たんだべええ!!!!

 今。生活のほとんどがコンテ作業に費やされているわけだけど、昨夜やな夢を見たよ。
 「おじゃる」のコンテのネタが余ったからそのネタで別のコンテ一本作っちゃうの。
 でもそのネタってちょびっとなんであとはまったくありもののコンテを貼っ付けただけなの。
 それを2本くらい作って提出した後に「やっぱりあれちーとも面白くないし手抜きだからやめよう!」とぎゃろっぷにコンテ取り戻しに行くんだけど「もうどっか行っちゃった」とか言われて。まずい!とか言って焦るの。
 通常のアニメの作り方に乗っ取ってないので全然まずくないはずなのに。
 この夢は何を暗示してるの?
 なんか怖かったわあ。
 怖いけどコンテコンテ! コンテコンテ!
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。