日々は楽しい♪

--.--.--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/

2008.12.31(水) タイトルなし
今年も、やっぱり激動の年でした。
きっと2009年も激動に生きる大地丙太郎でしょう。
今年お世話になった皆さんありがとうございました。
人に感動を与えられる仕事をしている自分たちに誇りを感じて生きましょう。

佳いお年を。
スポンサーサイト
/

2008.12.28(日)
081227_1310~01
「時代劇は死なず!」読み終えました。
素晴らしい!
面白い。
爽やかな感動を覚えました。
かつて映画の衰退のなかで、テレビという新境地に夢を託した人たちの物語。
逆風、逆境のなかでも、面白い時代劇を、いい時代劇を、喜んでもらえる時代劇をと、力の限りを尽くす先人たちの姿に勇気をもらわずにはいられません。
そして、春日くんの、愛に満ちあふれた言葉で綴られる、数々の作品の解説。見逃していた時代劇も観てみたくなります。
ひたすら量産する東映時代劇スタッフと、アーティスティックな大映時代劇スタッフ、その両方に暖かい目が向けられているのです。
いつの時代でも、我々のいる環境は、制作に優しく恵まれているとは思えません。
いつの時代でも、悔しいほどに劣悪な条件の元で作品を作らざるを得ないのです。
今も、昔もそれは同じ。
では、なぜ、今は、かつてのこのような心に残る作品が生まれないのでしょう。気概に満ちたスタッフがいないのでしょう。
何故なんでしょう?
僕等は、この本に、厳しく問いただされているような気がしました。

「時代劇は死なず!」。

題材は時代劇に限定しているかもしれないけれど、これは、すべての娯楽を作る者たちに共通して感じられるものがあるはずです。
すべてのテレビマンはこの本を読むべきです。
とくに、プロデューサーと名がつくものは。
しばしの間、大地は周囲に、この本を読むことを奨めて行くつもりです。
どう感じるかは、それぞれ。
でも、必ず読んで下さい。
/

2008.12.26(金) タイトルなし
20081226190124
風邪のピークは月火だったが、まだちょっとくすぶり…。
多分、先週元気にチャリ乗りまくってたせいだな。案外暖かかったでしょ。汗かいたりしてたんだ。
昨日まで、大事を取って、2日ほど風呂に入らないまま激務こなしてた。風呂入れないってのが、割りときつい。調子出ないんだよな。
今年の急ぎ仕事があと4つというところで風呂につかったら、超気持ちええ。
その最後の仕事が「年賀状デザイン」。コレがまるで冴えなくて…。もっとも苦手なんだよね。コレが出来なくなってからアタシは年賀状描かなくなりました。
夕べはそれで、眠気と格闘しながらも取り組んだが、どうにもあかん。才能枯れたか。死にてえと思いほどダサいのしか出来ない。
断念して寝る。
朝起きて、一番にこのデザインのコトを考える。気になったことを乗り越えないと次に行けない性格。
行き詰まった時には発想を全く変えるのが一番いい。大体が、一番守ってる部分を切り捨てるのが打開策の基本。
というわけで、気に入っていた写真だったが、それをベースにするのをやめた。
そうすると、そこに新鮮なアイデアが入り込んでくる大きなスペースが出来るのだ。
出来た!
さささっとイメージを固め、強風の中、新たな写真の撮影。一気に気に入る出来に仕上がったがな。
オレ天才。
しかし、おかげで今日やるつもりだった仕事はまた先送りだな。
それでも大急ぎ仕事はなんとか無事に終了。
今年もお疲れ様でした…、あ、いやいや、まだ年内にやっておかねばならないことはあるよあるよ。
次は「大地丙太郎スタイルライブ」のチラシだ!
/

2008.12.26(金) タイトルなし
20081226095316
今週のおじゃる丸シナリオ会議のお茶請けは、日本橋錦豊林のヘンテコ味のかりんとう。
妻が東京駅の中にある店で45分並んで買ってきてくれたのだが…いや、大地はかりんとうあんまり好きじゃないのよ。
加えて、きんぴらごぼう味だの紫いも味だの、なんか邪道な臭いがするし…なんて思ってたら、あれ、美味いよ。
/

2008.12.23(火) タイトルなし
20081223175851
風邪なんだと思う。
ダルい、めまい、眠気…喉もちょい痛…
仕事がはかどらないのがうっとうしい。
わしゃ、バリバリやってないと調子狂うんじゃ。当たり前か。
/

2008.12.21(日) タイトルなし
20081221190810
写真にするとチャーシューみたいだけど、コレはガトーショコラ。
今週のおじゃる丸シナリオ会議のお供でございます。
イラストから衣装デザイン、大地はよくヘアメイクで頼む、マルチなデザイナーおがこのクリスマス用売りの手作りケーキです。
かなり濃厚な洋ナシガトーショコラでした。
/

2008.12.20(土) タイトルなし
20081220152447
いつも全力投球だからこそ、癒される時間がより貴重で効果的。
何年かぶりに、胃がキリキリする夜を、なんとか越えました。
よほどのコトだったんだなあ~。
あ、健診結果聞いて来なくちゃ…。
/

2008.12.20(土) タイトルなし
20081220075608
冬の斜光は血が騒ぐほどに好きだわ。
こんな日に行きたくなるのが、江戸東京たてもの園。
10年ぶりだけど行ってきた。
ホントは半日はいたいところだけど、そういう状況でもなし、農家の縁側でしばし日向ぼっこして、とっとと帰る。
/

2008.12.18(木) タイトルなし
20081218174320
春日本の為に、手書きPOPを描いた。
明日からの全国、主要書店の平積みに置かれる模様。
/

2008.12.17(水) タイトルなし
20081217014419
2年半通ってるジム。
トレーニングシューズを変えたら、物凄い走りやすくなった。
ここまで違うモンなんだなあ。
ちなみに、同じダンロップ。

帰りに「麦とろ」行ったら定休日だったので「萬腹食堂」でとんこつラーメン。
ちと、ここのは味がとんがってるな~。
/

2008.12.16(火) タイトルなし
20081216220906
都路里のわらび餅。
おじゃる丸シナリオ会議の甘いお供にと、まかないこっしーのオススメで、汐留まで出向き、買いに行く。
取り合えず、イートインで味見。
とひゃあ~、なんじゃこりゃ~!
ちょっとお~、とろけるがな~
いやいや、聞いてはいたけど、ホントにとろける~
いやしかし、それ以上にきな粉が絶品!
コレならみんな喜んでくれるに違いない!
いいものを作る時、そこには美味いものがある。京都で学んだ教訓ですから。
だけどなんと!
持ち帰り用のわらび餅のきな粉が、イートインよりやや落ちるっ!
うう、悔しい…
やはり、店のはその場で生成しとるんだろうか…?
しかし、この写真見てるとよだれ出てくるよ。

京都、祇園の本店はさらに旨いとか…。
なぜ食べてこなかったのか…。
/

2008.12.16(火)
200812131703000.jpg
「アニメギガ」収録してきました。
で、なんでこのメンバーって話です。
で、なんでこの衣装って話です。
多分、「アニメギガ」初、っていうよりアニメ監督として初の、テレビトークショーで殺陣披露しましたよ。
シアトルと、ニュージャージーではやってるので、本邦初公開ではあります。
殺陣と大地の相手役で「剣伎衆かむゐ」の島口氏、同じく相手役で名塚佳織を急きょゲストに呼びました。急な話なのに、快く出演してくれたチャンバラ仲間のふたりに感謝。
トークもこってりな上にチャンバラもって。
写真良く見るとわかるけど、大地の着物の襟元、ぐっしょり汗。
これ、チャンバラ収録終えた後の楽屋前での記念写真。
実は大地、半端ない汗かいた後。
絶対、2kgは落ちた。
でもね、案外、渋くカッコいいチャンバラになったよ。
もう、目指せ大河出演じゃな。

放送は1月6日の深夜O時から。NHK-BS2で。
トークも、「おそ松くん」から「こどちゃ」「十兵衛ちゃん」「今僕」「おじゃる丸」「ギャグマンガ日和」とかなり多岐に渡ってお話して来ました。

さて、ついでに、次回の「大地丙太郎スタイルライブ」のお知らせ。

大地丙太郎スタイル その2
〈天才アニメ監督大地丙太郎のギャグ演出講座 その2 セリフについて考える〉

大地丙太郎 他、ゲストは未定

OPEN18:00 / START19:00
前売¥1,500/当日¥2,000(共に飲食代別)
前売は店頭販売&ウェブ予約&電話予約
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=30
前回同様、阿佐ヶ谷ロフトA(アサガヤ・ロフト・エー)
東京都杉並区阿佐ヶ谷南1‐36‐16‐B1
080-3402-6892
TEL:03-5929-3445
FAX:03-5929-3446
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

ちょっと硬めなテーマだけど、多分、当日はまた多岐に渡った話をすると思う。
こちらもよろしく。
/

2008.12.12(金) タイトルなし
20081212093217
今回の締めはここ、「葱屋平吉」。
いや、前々回、マエタケと行って「葱スキヤキ」を堪能した話を春日くんにしたら「僕もよく行きます」ってんで、一緒に行こう行こうとなったのだが、四条大橋でタクシー降りたら西木屋町の方に行く春日くん。「あれ、どこ行くの?」。大地の行った店は、先斗町なのだ。
どうやら、こんな近くにもう一軒あるようだ。
行ってみたら、ほぼ「新六三」の裏手。高瀬川添いの、これまた粋な感じの店構え。
二階の座敷に通されるが、いや、先斗町より風情があるわ。
「葱スキヤキ」を注文すると、店員のおねえちゃん「ウチのオススメは、これどす」(どすは言わなかったかも)と言ったのが「葱湯葉とろろ鍋」…。
ううむ、わからんが騙されるも一興とこっちにしてみる。
「仕込みに少し時間がかかるからその間に葱じゃこ豆腐でもどうどす?」(どうどすは言わなかったかも)と言うので騙されてみる。
ところがこの「葱じゃこ豆腐」が絶品だったのだ。
うおお~!
思わず叫ぶ我ら。
すっかりこのねえちゃんが気に入った。ちょっと可愛いし…。もう、以降このちょっと可愛い、女子大生だというおねえちゃんの言う通りに食を進める。
「葱湯葉とろろ鍋」は牛肉なんだけど、むしろ牛肉などどうでもいいくらいに、その他が美味い。酒も葱焼酎のストレートオンリーになる。
ここはもう「居酒屋」を越えてるぜ!

鍋の締めの絶品おじや(写真)でとろけつつ、我らは新幹線へ。
興奮の京都を振り返る。
結論は「いいものを作る時、そこには美味いものがある」。
逆に、美味いものに興味を示さないヤツに、活きたセリフなど書けまい。活きた演出など出来まい。
「新撰組血風録」や「素浪人シリーズ」を産んだ「新六三」には普通に旨い料理が並んでたのだ。
そうであります!
間違いない!
居酒屋新撰組は新橋の居酒屋の風情になり、大地は車内販売の「山崎」を3杯ロックで、やがて戦場の東京にもどったのであります…。
/

2008.12.12(金) タイトルなし
20081212085453
京都駅近く、七条通り。
ふとこのレトロな看板と、西洋風建物にチャリを止めた。
カフェでした。
今日も走ったスィーツが旨い。
3冊くらいのガイドブックを持って行ったけど、載ってない店。
自分でお気に入りを見つけるのは、喜びですね。
内装も好みでした。
他にも、町家カフェチェーンなどある模様。
次の機会にまた行きたい。
/

2008.12.10(水) タイトルなし
20081210185234
昼から月が見えていた。
月影、山に落ちていた。
風光明媚な丘だった。
静かに両手を合わせてた。

近衛十四郎さんのお墓参りです。
春日くんは新刊の報告。近衛さんのお墓から見える風景。
/

2008.12.10(水) タイトルなし
20081210120817
京都2日めのは「前田珈琲」のブランチからスタート。
この元小学校の建物も、味がある。
京都は町家も好きだけど、こういう西洋風建物も多く、和洋折衷感がまた大地の五感を刺激する。
しかし何故か朝から激しい腹下り…どうしたんじゃ~。
薬飲んでヘロヘロと鴨川沿いを走る。
「新六三」の女将情報で、川端通りならまだ紅葉残ってると言うのです。
ありました。
四条と五条の間に。
この写真の1本がまた見事に絵になるプレイス。
お腹の調子も忘れて堪能いたしました。
そして、われらはひたすら、京都有数の味わいのない道、五条通りを桂川目指してひた走る。あ、今回も交通手段はチャリっ。
京都はチャリに限るのだ。
/

2008.12.09(火) タイトルなし
20081209134217
16日に発売される春日くんの本、「時代劇は死なず!~京都太秦の職人たち」集英社新書・刊、756円(税込)
彼の今回の京都行きの目的のひとつは、この本を居酒屋「新六三」に収めることだった。
大地もコレから読ませてもらうけど、当時の若き時代劇に掛ける男たちの(女性もいるかも)情熱が描かれているようだ。
今の私たちに欠けている情熱がっ!
是非読んでほしい!
今回の京都行で、我々は終始、かつてここにあった情熱を感じていたのだった。
京都で拾った紅葉沿え。
/

2008.12.09(火)
081206_1539~01 081206_1551~01 081206_1552~01 081206_1552~02 081206_1553~01
時代劇ロケ聖地、大覚寺!
日が落ちるちょっと前だったので、あんまりじっくりいられなかったんだけど、感動!
なんだか、「素浪人シリーズ」でも良く見ていた風景だわ。
テレ朝の、朝の時代劇も、見ていると、大体この風景に出っ食わす。
……でも、じつはここで、買ったばかりのポラ、SX-70がトラブってしまい、そっちが気になってあんまり堪能出来なかったのだ。
今、考えると、本当に惜しいことをした。もっと、すぱっと気持ちを切り替えなくちゃいけなかったのに~。こういうところが小心者。
次回行けたらもっともっと大覚寺は、じーっくり味わいたいなあ。
でも、こんなピーカンの大覚寺にもう一度行けるのだろうか。
この日、空は、「素浪人花山大吉」の最終回のチャンバラシーンのような雲だった。
/

2008.12.08(月) タイトルなし
20081208104030
仲間から次々にメールが届いた。
金曜放送のおじゃる丸「サムのサムタイム」の感想を送ってくれたのだ。
こういう反響をもらったのは、久し振り。みんなのコメントを読んでいて、じんわり泣けてきた。
作って良かったと思った。
コレは少し前に貰ったチャコさん(白石冬美さん)の電話から始まった。
受話器の向こうから直接聞こえてくる、憧れの御方の可愛らしいお声。
14才の頃の大地が、「結婚したい」と、思ったほどにメロメロになったチャコさんが、この大地に話しかけてくれている。
「あ…は…あ…」と、何も言えなくて、電話して来たゆりんに戻してもらった。
ゆりんがイタズラ心で、大地がチャコさんに憧れて続けていることを知ってて電話してきたのだ。「ばかやろう!」とはゆりんに怒鳴ったけど、嬉しかった…
その時チャコさんが「おばあちゃんの役でもあったら是非」と、冗談混じりでおっしゃった。
チャコさんがおばあちゃん…考えつかなかったなあ~、それは面白いなあと思って浮かんだのが、今回のお話…
ラストのおじゃるのセリフはチャコさんも好きな「Sex and the city」の影響。
オトナの話にはなったけど、感性、情念は、コドモにも伝わるはず。
京都の片隅で、しみじみ感慨ふけていた大地丙太郎でした。
/

2008.12.08(月) タイトルなし
20081208101415
紅葉は少しばかり遅かったようで、やや黒ずんでしまっていた。
1週間遅かったのかも。
しかし、1週間前はまったく宿がとれなかったのだ。
春日くん御用達、太秦近くのコア宿まで満杯。今回、宿が取れたのは奇跡に近い。
お初の嵐山…ただ、寂れた風景に出会うと、この遅かった紅葉もワビとなる。
コレもまた良しかな…。
/

2008.12.08(月) タイトルなし
20081208000537
また京都に行ってきた
前回紅葉が早かったからと、「新六三」に時代劇ライター春日くんと行きたかったから
「新六三」は、事前におからもリクエスト
コレを上月さんたちも食べたに違いないっ
あと「新六三」は、こんにゃくのきんぴらがサイコー
両方お通しなのにおかわりしまくり
あとオススメは「だし巻き玉子」ハンパないふあふあ感
キャー!
/

2008.12.05(金)
しまった!
情報が遅れました!
とくに観てほしかったエピソードばかりだったのに!
逃した人はぜひ再放送を!

大地からは、本日放送の「サムのサムタイム」見逃さないでほしいです。
オトナのお話にしてしまいましたけど……。
大地の一世一代の思いを込めました。
そして、月曜の「おじゃ雪」!

【スタッフが選ぶオススメおじゃる丸】

第86話 あけない
12月2日(火) 【12月7日(日)再放送】
※電ボのかわいいイタズラ。
 いつもと異なりおじゃる丸より何枚も上手の電ボ。
 こんな主従関係っていいかも♪

第87話 ひざまくら
12月3日(水)
※ パパのお話と思いきや・・・
 最後の最後、カズマに注目です。
<2月に再放送予定!!>

第89話 サムのサムタイム
12月5日(金)
※大地監督思いがあるれ出ている、
 ちょっとオトナなお話です。

第90話 おじゃ雪
12月8日(月)
※12期最終話。ラストカットのイメージから
 出来上がったストーリーです。
 雪だるま役はあの方!です。
 見終わった後、空を見上げたくなるかも。

放送予定は以下です。

12月1日 月 85話 おじゃる根性出す
12月2日 火 86話 あけない (12月7日再放送)
12月3日 水 87話 ひざまくら
12月4日 木 88話 おじゃる ラブレターを書く
12月5日 金 89話 サムのサムタイム
----
12月8日 月 90話 おじゃ雪
/

2008.12.05(金)
…などといいながら、ひとつ、なかなかここ「日々は楽しい♪」では書かない内容をご披露。

今週の日曜に書いた内容は…「親になんてなるもんじゃありませんな…」
うん、なんだかね、娘のことが心配で心配でしょうがないコトがあったのね。
うちは娘が三人いる。
ということはその三人分の心配をいつもしてるわけです。
これに時々疲れてしまうことがあるの。
でもね、こんだけ心配しても、子供は「うるせえんだよ」「ほっといてくれよ」ってな話ですよ。
そんなもんなの。
自分が子供だったころ、娘と同じくらいだった頃のことを考えると、親が心配してることがむしろうざったいよね。
うん、だけど、自分が親になると、そうは行かなくなるんだ。
どんなに「うぜえ」って思われても心配していなくちゃいけない。
ああ、こんな思いするなんてなあ…。
親なんかにゃなるもんじゃないすよ…なんて、ちょっと思ったりする一瞬。
幸せですね。

実はこんなことが、大地にはいい題材になるの、仕事の。
これでひとつお話が出来そうです。
来年辺り、おじゃる丸で発表してると思いますよ。
/

2008.12.05(金)
今週日曜日から、自分だけの日記を書き始めてます。
再開って言った方がいいかな?
大地は実は19歳のころから日記つけてるんです。
もちろん、気が向いたときだけ。
5年くらい全く書かなかったときもあったりするけど、続けてるの。
今年はね、3月くらいにちょこっと書いてあって、その間はない。
過去の日記、発表しない日記って、ほんと赤裸々。
でもその時の感情がわかって面白いよね。
だいたい悩んでるときに書くことが多いから、実はちょっとマイナー日記。
で、今週、書きつづってみてるんだけど、書ききれないっ!
一日に、出来事ありすぎっ!
思うことありすぎっ!
毎日、なんて刺激的な日々なんだろうと思います。
19歳のころは、ある期間で一つのことを考えてる。
つまりやってることがとても少ないのね。
今の大地はその20倍はいろんなコトやってるし、考えてる。
やってることが多いと、悩みはその分増えますね。
嬉しいことも増えますね。
面白すぎますよ毎日。
今度、発表できるものをチョイスしてここで語ってみましょうかね。
ああ、やっぱり無理かなあ。
だって、赤裸々すぎる…。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。