日々は楽しい♪

2006.02.20(月)
 朝はやっぱり遅めに起きる。
 朝風呂。
 
 今読んでいる松本清張の「黒い福音」をラストまで読み切る。
 先日まで、ドラマの「けものみち」(ドラマは大地はイマイチだわ……)に合わせて小説「けものみち」を読んだのがきっかけ(小説もイマイチだわ……)。
 松本清張は18歳の時に読んですっかりはまり読みまくった。「ゼロの焦点」「点と線」「砂の器」など傑作も多い。「点と線」もかなり好きだけど、「Dの複合」とか「時間の習俗」なんかもいい。
 でも、何たって「黒い福音」。
 これは18歳の時に初めて読んだ「松本清張もの」なのだ。
 今読んでももちろん面白いんだけど、面白いというより、物凄くやるせなくなる推理小説だ。いや、推理ものじゃないな。
 これは昭和30年代に起こった実際の「スチュワーデス殺人事件」を元に書かれたサスペンス小説で、杉並がほぼ舞台になっているのだ。
 やるせないと書いたけど、社会派だし、構成も面白い。第一部は、犯罪の周りにいる人物を中心に描いて、実際の殺人シーンは描写がなく(これもまた逆にえぐかった)一旦そこで終わる。そして第二部は捜査官(刑事)とこの事件を追う新聞記者の目で進む。
 ラストが、もう、哀しくむなしい。
 この小説の話をすると止まらなくなるので、興味のある人はぜひ読んで。オススメ。
 で、100ページまではちょっと我慢して読んで。
 新潮文庫。

 さて、そんな長風呂してる場合じゃない。
 今日は月曜日!
 まためちゃ忙しい!
 16時に麗子が来る予定なのでそれまでに出来るだけの野暮用を済ませる。
 麗子来て、ライブのパンフの制作。もう一枚一枚手作りに近いからね。
 終わって三鷹ハルピンに、金春さん、サトタツ集合して、餃子食いながら「杉並アニメ物語」の打ち合わせ。
 21時に戻り、コンテ。
 少しでも多く描きたい。
 でも11時から「あいのり」観る。
 今日はなんだか好きになれなかったなあ。そんなことはどーでもいい。
 それからアニメを2本観る。
 ひゃあ、めずらしい!
 これでも「アニメ情報番組」始めたからね。
 コンテ、どうしても描きたかったシーンまで描いて、帰宅。

 そう、コンテを出来るだけ描きたい作品。
 コレから、ますますそのモードに突入して行くぞ。
 夏にまた海外コンベンションからお誘いが掛かっているんだけど、う~ん、今日の時点では、それよりコンテ描いていたいぞという気分で満たされ始めてきたなあ。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2