日々は楽しい♪

2006.02.26(日)
 レイコのライブ、~Color~ vol.1【White】
 彼女にとっては17年ぶりで、ソロでは初めてのライブ。
 言い出しっぺはオレ。
 「レイコの歌を聴きたい」
 その思いだけで。
 安部純という良き協力者を得て、ギターの大石智喜、キーボードの松田譲という仲間を得て、そしてたくさんの人の行為で、今日実現したステージだった。
 最高でした。
 いろいろなことを思い、感じ、考えながら、「カフェレトロ」の地下のステージを階上から聞き入っていた。
 一曲一曲が滲みてきて涙が出た。
 レイコの歌が聴けている。
 そして待ちに待ったはずの彼女のファンが聴いてくれている。
 彼女が一曲一曲、詞を大事に、メロディを大事に歌う。
 それぞれの歌への思いを語る。
 「Forever」
 この曲には大地は特別な思いがあった。
 自作「十兵衛ちゃん」の登場人物ひとりひとりへかけた思いが甦ってきた。
 特に、鯉之介の。
 小田豪鯉之介、彼の「Sweet dreams and memories」はなんだったんだろうと、思いながら作ったあの最終回のことを。
 泣けた。
 たくさんの思いが錯綜して涙が出た。

 ライブは感動的に終えることが出来た。
 このライブに関わってくれたすべてのひとに感謝します。
 ありがとう。

 なんだか、陳腐な言葉しか出てこなくて歯がゆい。
 
 今回は会場のスケールもあって、たくさんのひとに声をかけるのをためらってしまいました。それを反省しました。
 彼女の歌はたくさんのひとに聞いてもらうべきだった。

 また近くライブの予定があるので、その時はぜひ、この同じ感覚を味わいに出掛けて下さい。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2