日々は楽しい♪

2006.02.28(火)
 近衛十四郎主演の「獄門坂の決斗」を見る。
 一見やや退屈なお定まり痛快娯楽素浪人日和モノ。でも、その分かっこいい近衛の殺陣シーンが多く、堪能出来るよ。
 それにしても、たまたま2画面で見ていた隣の「アンフェア」の画面と比べてた。
 この映画の時代のシンプルな作り方はとてもスマートな気がして気持ちがいい。
 その後「翼の折れた天使たち」とやらを見てたんだけど、今のドラマはいろいろ凝ってるけど、どうも今一つ懲りすぎてる分面倒くさい。そんなに大仰にせんでもいいんじゃないの? とか思う。
 肩に力が入り過ぎじゃん?
 「踊る大捜査線」とか「古畑任三郎」が面白いのは肩の力が抜けたスマートさなんじゃないかなと思った。
 それにしても久しぶりに見た近衛映画。仕事がつまってなければもっともっと近衛モノ見てしびれていたいよお。

 しかし、この映画のラストで近衛が踊るシーンがあるんだけど、その場面を堪能し始めたらなんとタイムリーに目黒祐樹さんから電話。
 思わず笑ってしまった。
 失礼。
 だってなんか、おかしいでしょ。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2