日々は楽しい♪

2009.08.10(月)
アフタ新書
大地丙太郎の「これが『演出』なのだっ」(講談社アフタヌーン新書)、本日発売です!
これで明日から、急にアニメがおもしろくなるのだ!

ちなみに冒頭「はじめに」から。

「『演出』がなくなってる。
 あるいは「演出」が出来なくなってる。
 大地はこの所のアニメにそう感じるのであります。」

第一章「演出ってなに?」から。

「『演出』とは『面白いものを作る』人、あるいは事です。
 だから面白いものを作ってない演出家は『ギャラ泥棒』です。」

……ということで、この本は実際今『ギャラ泥棒』になっちゃってる人に向けて書きました。
では「面白いもの」を作るにはどうしたら良いか……その辺たっぷり書いてますよ。
アイディアの源、訓練の仕方、センスの磨き方、コンテの描き方、作画打ち合わせ、原作のある演出法、オリジナル作品の演出法、そしてキャスティングのこだわり、役者について、さらにオススメ映画解説など。
とくにキャスティングは、別に1冊書きたいくらいにネタがある。大事な項目であります。
なので、次回10月25日の「大地丙太郎スタイルトークイベント」ではその辺、ごごっと掘り下げるつもり。

演出、クリエイター目指してる人、もうやっちゃってる人、アニメをもっと楽しみたい人、必ずこれを読んで下さい。
Amazonじゃないけど、春日太一著の「時代劇は死なず!」(集英社新書)とセットで読めば尚よしです!
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2