日々は楽しい♪

2009.09.20(日) 炒飯・餃子力!
20090920085809
減量を意識し始めてから炒飯ちゅーものを食べることが極端に少なくなった。
あんなご飯てんこ盛りを食べるなんてダイエッターとしては考えられない。
しかし、実は炒飯大好きで、家では結構作る。
そこなんだよな。
炒飯は家で作るオレチャーハンが一番旨いの。お店の炒飯で美味しいところはあるか?と、つい先日ETTでも話題になったが、出て来なかった。
ないのである。
ラーメンにこだわるやつがいても炒飯にこだわるやつがとんといないと。せいぜいラーメンのオマケに半チャーハンとかいう半端な立ち位置でないがしろにされている…と…。
確かにね。

話は変わるけど、昨日の夕方、へたばっている自分がいた。
分刻みなスケジュールが2週間続き…(この内訳は、実は大地自身が起こしているただの好奇心、ガツガツゴコロであり、決して仕事がキツいのではないことが最近わかったのだが…)体がガタガタになっていた。
「くるねこ」DBで大久保のスタジオに向かう途中、何か軽く食べとこうと思った。
お腹はそんなに空いてない。
が、通りがかりの中華食堂のウィンドウの炒飯を見た途端、がっつりこの炒飯てやつを丸ごと食ってみたくなったのだ。
このバテきった体に丸ごと炒飯が効くような気がしたのだ。
そう、半チャーハンなどではなく。
日の出食堂に入り「チャーハン餃子」と注文。
こりゃもうセットであろう。
炒飯を注文するのに「炒飯」だけは野暮である。「炒飯ラーメン」なり「チャーハン餃子」なり複品頼むべきだろう。
となりの夫婦が「半チャーハン」を頼んでいる。「ああ、邪道」などとETTトークを思い出し密かに上目線。
食べたチャーハンは味普通…なれど、丸ごと炒飯をば平らげた満足度に満ち溢れるオレ。
ん? 満足度に満ち溢れるって言葉重複?
餃子は写真のごとくこんがりと旨そうだが、餡が締まってない。肉が入ってないべしょっとした餃子でやや不満。
しかし、写真は炒飯よりはうまそうに撮れたのでこっちを掲載。

さて、おかげでなにやら元気が出た。
やはり飯ってのはパワーの源である。
日本人なら飯だっ!
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2