日々は楽しい♪

2010.10.22(金)
「剣聖 近衛十四郎」はいよいよ後半に。

今日はスクリーンで初めての「血と砂の決斗 」を観た。
完全に「七人の侍」の影響で作られたに違いない話。
このセットは後に「十三人の刺客」で使われたらしいけど、道理で。「十三人の刺客」観たときに似てるなあと思ったんだよ。あ、昔の方ね。
「十兵衛暗殺剣」での大友柳太朗との敵対関係が逆になってるのが、両方観ると楽しめる。
丘さとみがちょっとエロくてうらやましいぞ大友さんてな感じだった。
最後に丘さとみを馬に乗せて(と思ってたんだがスクリーンで観たら、丘さとみが飛び乗ってたね・・・吹き替えかもしれないけど)去って行くところは気持ちいいなあ。
しかしちょっと物足りないのは肝心の近衞対大友の闘い。もう少し見せてほしかったなあ。

さて、もうひとつの今週の目玉は「祇園の暗殺者」。
見所は、楳図顔の少女。ははは・・・。
そして、京都で湯豆腐食べたくなるに違いない。
この映画は、脚本の笠原和夫氏が出来を気に入ってないという話を聞いたけど、確かにそうなのかも知れないけど大地から観るといい恋愛映画になってると思うよ。
日曜にはラピュタに北沢典子さんがいらっしゃるみたいだよ。楽しみだねえ。
大地行けるかどうかビミョー。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2