日々は楽しい♪

2010.10.30(土)
101030悪坊主
再びデジカメを買いました。
デジカメがない日々がなんだか落ち着かなくて。
しかし、買ったところからあんまり撮るものもない…というか時間がない。
天気も悪いなあこのところ。

そして仕事がつまる。
つまったまま次の仕事が多いかぶさる。
いつまで経っても追っ付かないんだよなあ。
効率悪いのかなオレの仕事のやり方。
たしかに集中力はないよね、こうやって合間合間にすぐブログとか書いてるし。

ま、ソレはさておき「近衞映画祭」の「悪坊主侠客伝」観て来た。
この映画は存在を知ってから30余年。念願叶ってニュープリントされ、ようやく観られた映画。
びっくりした。
すんごい映画だ。
なにが凄いんだろう・・・。
それもわからなくなるほど。
つまり数ある近衛さんの映画の中でも異色すぎる。
まずは座頭市のごとく、盲目で仕込み杖を使い、逆手斬り。
これは勝新の逆手斬りの大元が近衛であることを主張したかったのか、座頭市に挑戦したかったのか・・・わからない。しかし、近衛の逆斬りは勝とはやっぱ違う。違うけど似てる。
ああ、この映画はそんなことばっかり語ってる映画でもないのだ。
自分のTwitterのつぶやきをコピペしとく。

「悪坊主侠客伝」盲目の坊主が逆手斬りまでほぼ座頭市とおなじだけど、やっぱ近衛さんがなるほど違う。とわいえ近衛版座頭市と言える。舞台が明治で近衛坊主の鉄心がコテコテの関西弁というのが、近衛さんの演技の中でも珍しくて面白かった。特に冒頭から道場破りのところまではいいキャラです。

「悪坊主侠客伝」北条きく子が可愛すぎるっ!

「悪坊主侠客伝」あのラストはなんなんだっ!?あの子供はなんて言ったんだっ!?油断してたのだっ!あんな風に終わるとは思ってなかったのだっ!?なんなんだあの映画はっ!?びっくりしたのだっ!

「悪坊主侠客伝」の殺陣はどうやって出来たんだろう。現場の声を聞きたい。座頭市をどう意識したか聞きたいっ!殺陣は上野隆三さんだったぞ。6日に聞けるぞっ!

っていうことで今のところコレがすべてです。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2