日々は楽しい♪

2011.01.31(月)
ホノルルマラソン完走日記の最終回ですよみなさん。
お待たせしました。

30キロ時点を乗り越えるべくスケベ力に頼ろうとした大地丙太郎はスケベ力の弱さに打ちのめされて35キロ地点に向かっていた。

ここでiPodを装着。
ジムや外ランニングの時にずっと聞いていたランニング用のコレクション。
小布施のハーフマラソンでも最後の2キロで大音量で聞きながらゴールインしたのだった。
しかしフルマラソンになるともうただ聞いてるだけですね。
だってまだあと8キロくらいあるんだもん。
でもなんだか強い味方の応援団って感じだったな。
一番発奮出来たのは「十兵衛ちゃん」の挿入歌「ボ~イっすあん」。
これ、傑作だわ。ナイスランニングビート。

さて、やがて35キロの標示。
いやあ、ここまで来たかっです。
そして単調だった高速道路もここで終わる。
なんかへろへろながらも気持ちは新たになる。
ここからの別荘街がなかなかいい景色。
それぞれのお宅からの応援物資なんかも出てる・・・いや出てたらしいけど、もうオレくらいのところではなくなってるの。道にオレンジの皮がたくさん散らばってる。
速い人たちはこれ食べたんだね?食べたんだね!?
110218ホノルル01
中に何故かカウベルを鳴らしてるおばちゃんがいた。まあスルーしたんだが、後から聞いたらオレたちチーム勇足(仮)のメンバー、ハワイが実家の竹内ねえさん(雑誌編集ウーマン)の母上だということが判明。実家の前がコースなんかい!

さ、もうすぐだ、もう少しだという気持ちが高まってくるが、考えてみたら皆さん、行きに走ったあのダイアモンドヘッドをもう一度越えなくてはならない訳ですよ。あの坂道を。
とおもうと「まだ結構あるじゃんっ!」。
もう帰りのダイアモンドヘッドは気力のみでした。
下り坂の途中で、ようやくきりの良い「40キロ地点」を越えます。
あと2.195kmなわけです。
110107ハワイ25

ダイアモンドヘッドの下り坂が終わります。
前方に見えてくるゴールのカピオラニ公園の一角。
そして標示。

「あと1キロ」

その看板を見た瞬間にこの2010年の一年間がよみがえって来たのです。
「ホノルルマラソン」を目指して初めて5キロのウォーキングを始めたのが、1月11日
それから体を運動モードにしてコツコツとトレーニングを始め、ジムも通い始め、徐々に走れるようになり、10キロランをキープ。5月には神戸ラン、京都ラン、6月には上田ランと、旅ランを楽しみ、7月には小布施ハーフマラソンを体験し、11月で27キロランまで距離を伸ばし・・・とにかく、このホノルルマラソンに向かって過ごして来た1年だったのです。
そのホノルルマラソンが、あと1キロで終わってしまう。
オレの1年が、あと1キロで終わってしまう。
そう思ったら、万感の思いがこみ上げて来たのです。

涙があふれ出た。
鼻水も。
泣けた。

あとは痛い足を引きずったまま、走っているのは形だけ、ほとんど這って歩いているのと同じ状態で、鼻水、涙でぐしゃぐしゃになりながらそれでも自分の中では“走った”・・・のです。

そして・・・そしてそして・・・

ゴール!!!!
110107ハワイ26

大地丙太郎(54) ホノルルマラソンに懸けた2010はこの瞬間に、最高のピークを迎えたのでありました。

楽しかった。
ああ、楽しかった楽しかった。
終わったあ~~~~~~~~っ!!

















110221ホノルルマラソン99

記録は7時間23分・・・でした・・・。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2