日々は楽しい♪

2011.06.03(金)
110603慶応病院
朝から慶応病院。
緊急に具合が悪くなったわけではなく、もう半年、一年前から行かなくちゃ行かなくちゃと思ってたので来ました。
歳をとるとね、いろいろあるのよね。
慶応病院は2年くらい前に上半身に謎の発疹が出まくった時に通った。
あの時は焦った。
何度行っても原因不明。
最後にプチ手術をしたにも関わらず不明。
不明のままタムタムが「ストレスとちゃうか?」のひと言で「ああ、そうかも」と納得してそのまま治まった。
タムタムはいわば慶応病院の医師以上ってことになるね。

慶応病院の一角にはスタバがあり、そこにちょっとした木陰がある。
ここが割とお気に入りのオレ。
珈琲3杯飲んじゃったね。

検査の内容は言えないけど、いろいろあって午後一時半くらいまで掛かってしまった。
ちょっとコンテなど行き詰まっているのもあってその辺でイライラし始めた。
それが阿佐ヶ谷に戻る頃には他の件なんだけど、ずっと押えてたことが怒りになって体中充満してしまった。
ごく個人的なことで怒ること自体まったくオレのわがままであることは確かなんだけど、むかつくことはむかつくわけである。
そんな怒ってたら仕事にならないと思い、Twitterで爆発させた。
出力するといくらかは収まる。
ちょっと後を引きそうなことではあるけど、昨日書いた本気日記に書きなぐってみたら、原因がはっきりして来た。ああ、オレってこういうことでむかつくんだなと思った。
といってそれが解決になったわけじゃないけど、少しだけ緩和・・・。
日々は楽しいっちゅーかいろいろある・・・。

さて、話は戻るけど、慶応病院まで久しぶりクロスバイク、クロチャリで行った。
途中通る四谷三丁目は30になる頃に事務所を構えていた時で、事務所を構えていながら今までで一番貧乏だった頃だ。ここを通ると、その頃がよみがえる。
一日の食費が500円以内でないとならないので、どの店にも入れなかった。
当時の店はもうないところが多いけど、ランチをやってる店なんかの看板を見ながら、あらゆる店がオレには関係のなかったあの頃を思い出すのだ。
はあ、貧乏の思い出は強烈だなあ・・・。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2