日々は楽しい♪

2017.04.09(日) 『ロボットくノ一女かげちゃん』作打ち終了


3/28『ロボットくノ一女かげちゃん』洞爺湖アニメフェスタで上映するためのPVというか0話のコンテを上げる。
そして昨日、大島りえさんと作打ち。
作画打ち合わせ…ですね。

美術の湖山真奈美さん、撮影と一部アクション作画の遊佐かずしげさんもおります。
なにしろ参加はすることは決まっていたにしろ、初めての顔合わせと作品の世界観説明もしながらのややぐだぐだの作打ち(^.^)
ま、そんなもんよ。
既にダブルオーツによって出来ている音楽を使ったVコンテも出来ている…のだが、肝心の大島さんが見ていなかった。ぐだぐだとそこで見てもらう。
さらに渾身のラストカットのギャグを高橋宏一PDが外してくれという。
ええーっ☆
遊佐さんも「サイコーに笑ったのに」と言ってくれたのだが「営業目的としてはアレを入れられると困る」と言うので「そうなんすか…」と渋々承諾…。(なんとか何処かで入れられないかなあ~)
48カット。
予算は、神谷、大地、高橋で出し合う。
我ら三人のギャラは今回はなしで行くけとスタッフには通常でお支払いする。
作画枚数も、まあまあなところで。
ただ高橋さん曰く「コンテが遅れたので」…はい確かに遅れました…「今回はレイアウトを描きながらキャラを作って行く乱暴な方法で行きます」
いや、普段の俺たちの作り方からいうとそんなに乱暴ではないですよ。
美術の世界感もその場で検索しながら。だいたい「白土三平 サスケ アニメ」で。
すると結構この『サスケ』ってアニメの美術が斬新で素晴らしいことがわかった。美術だけでなくキャラのタッチなんかも筆っぽくて…。これどんなふうに作ってたんだろう。
もうひとつ問題になったのはメカ女かげのパイオツのトップの描写。 
オンエアものではないのだけど、フィギュアを持ってて恥ずかしくならないようにしなくてはねえ…。
とまあ、6月末まで時間があるのかないのか。
ともかく、女かげちゃん、いよいよ現場が動き始めたのである。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2