日々は楽しい♪

2017.04.14(金) アニメ『ばっとびすっとび忠治くん』企画☆
国定忠治話第三弾ですよ。
 
アニメで「国定忠治」をやろうと思い立ち『ばっとびすっとび忠治くん』というギャグなタイトルをつけてゆめ太カンパニーでパイロット版を作ったのが…あまり覚えてないけど多分2001年くらい。

ホントはただの『忠治くん』にしたかったのだが、当時、この企画に乗ってくれたプロデューサーの意見で頭になにかつけてよと言うのでばっとびすっとびを付けた。
コレはショートでひととおり、キチンとしたアニメに制作している。忠治くん=岡村明美、カーっぺ=堀江由衣のふたり旅。
赤城山で一家を解散した後、ひとりで旅に出た忠治くんが、行き先々で困っている人を見過ごしに出来ずに関わってしまうのだ。
 
袖すり合うも他生の縁
 
義をみてせざるは勇なきなり
 
義理と人情が最優先の忠治くんは、義を感じたら率先して助けに入るのでありました。
そして、感謝の言葉も聞かないでまた次の旅に立つのであります。
さて、そこのところはギャグ漫画…オチがあるのですが…。
そして、凶状持ちの忠治を「必ずこの俺が引っ捕える」といきがるのは、目明し御室の勘助とっつぁんなのでありますが、寄る年波には勝てず寝たきり。代わりに忠治を追うのは娘のお菊。コレは原作にも出てこない大地のオリジナルキャラ。その弟が勘太郎であります。お菊は忠治を追って勘太郎と旅に出ますが、どうやらお菊は忠治が好きみたい。ふたりは幼なじみなのでありました。
この『忠治くん』のパイロット版は、たまに大地のトークイベントなどで流すことがあるくらい。
YouTubeにはこの後、2013年にある目的で作った、大地の絵メモによるVコンテ企画書があります。
こちらYouTubeにあります。
https://youtu.be/aTB86ddRD8A

コレがショートバージョンのVコンテ企画書『ばっとびすっとび忠治くん』
是非観てやって下さいな。
ここまで3回に渡って国定忠治を解説してきたので、読んでくれた人は、ああ、なるほどこういうアレンジなのかと分かってくれると思うのです。
そして、反応もらえると嬉しいのコトよ。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2