日々は楽しい♪

2017.04.17(月) リ、リアクションは重要…だっ!
昨日話題になったリアクションについてもう少し。
 
「間」もさるコトながら、このリアクションと言うのは娯楽表現においては実に重要なファクターだ。
シナリオでもこのリアクションを書く人は少ない。
ある台詞を受けて「そんなことはない」という前に「う…そ、そんなことはない」とか「ははは、そんなことはない」「そそそ、そんなことはない」など、受けのリアクションで状況や心の持ちようが見えてくるのだが、この頭の受けのリアクションを書く人は少ない。
漫画はたくさん読んでると思うのだけどね。漫画にはきっとこういう表現は多いはず。
リアクションがシナリオに書いてなければ、コンテでせめて描いて欲しいところだが、コンテを描く身になって考えると、シナリオに書いてないものは描けない…のである。
いや、描いてもいいんだけどね。
自分の監督作品ならば如何様にもそれはいじってしまうのだけど…たまに頂いたコンテだけの仕事なんかだと、それだけシナリオをどんどん逸脱していく俺でも変えられない。
そこに「う、そ、そんなことはない」と書いてなかったら描かない。
「そんなことはない」と無表情に近い感じで描くしかない。
そこに「うっ」とか出すこと自体、ものすごく気を使う。
このシナリオにOKを出したのは監督なのだから、これが完璧なはずなのであってそれはいじってはいけないのです。
ね。
だから、突っ立って喋ってるだけのアニメがたくさん出来てしまうのですよ。
だから、ライターさん、リアクション書こうね。
えっと、ライターさんへの要望の話ではなくて、やっぱシナリオになくても演出家だったらリアクションをめちゃくちゃ考えよう。
このリアクションが面白いんだからさ。
表情、ポーズをどうするか?
コレを考えるのは演出家、特にコンテマンの醍醐味だ。
無表情のままで、堅物台詞で言うからこそ面白いキャラもある。
そんなキャラって例えば「いや、お前から先にやれよ」なんて切り返しさせられた時のリアクションて、表情を変えないで「……」だったりするじゃない。
ここに「間」が関連して来るわけだな~。
リアクションもやっぱり「間」なんだよな~。

/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2