日々は楽しい♪

--.--.--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/

2017.10.09(月) あずみ 北村龍平版を再び観る

先日、日本映画専門チャンネルで、『忍びの国』公開記念の一環で放送していた『あずみ』を少しづつ観ていたのだが、昨日観終わった。
いや、やっぱり完璧だ。ほぼ完璧だ。
少なくとも俺にとってはね。
公開当時も、吉祥寺の劇場で観て、あまりに嬉しくなって興奮して長濱博史に電話したものだっ。
大阪ナイトの「忍者映画」でも、俺は番外ながらランキングした。その時の春日くんの反応はクールだったが、俺はやっぱり絶賛するわ。
第一にアクションに満足した。
近衛十四郎以外のチャンバラを認めない、多少上手くても評価しない俺としてはこれは相当なことなんだぜ。
多少映像の加工のようなものは見えるが、例えば当時の上戸彩があそこまで自分で刀を使ったのかと考えると十分評価していいと思う。
というより、上戸彩よくやったよな。
全編を通して外連味三昧。コレも北村龍平風だと思う。その前に見て惚れ込んだ『Versus』の流れだと思った。
そして、北村龍平ギャグとも言うべきくすぐりが随所にあってただのシリアスな映画に仕上げてないところもいい。こういうのがいいのだ。こういうのが他の映画ではないのだ。
残酷描写クレージー描写も徹底的で好み。
昨日観たばかりなのでラストの方の印象で書くと、あずみが一瞬おなご姿に甘んじるシーンがある。あそこがつまんなくてつまんなくて仕方がなかったのだが、そのあずみが、やはりおなごとしては生きられないと剣を抜いて相手を殺すところでもうボロ泣きの俺であった。
映画館でも、再び元の姿に戻って馬に乗るシーンは胸がすく思いであった。
そして、砦に現れたところの演出の外連味爆発シーンもたまらん。
そこから斬って斬ってひたすら斬りまくる美少女に萌えなくてどうするって感じよっ!
美女丸がそのあずみを見て「すごいっ、すごいよあの娘っ」と言って歓喜する様がクレージーでまた好きだわ。
その美女丸をあずみが斬るところの、美女丸の死に方にまたワクワクする。ザマアミロってな感情移入が出来るからなんだよね。そういうところが随所にある映画だった。
美女丸の首落ちてるのにまだ喚く声が聞こえる当たりの常識に囚われてない演出は好きだ。要はリアルの追求とは程遠いところにあるのだ。
当時のぬるくてしょうがない日本映画ばかりの中で、俺は、この映画を観てて、北村龍平が「バーカ、映画ってのはこう作るんだよ」とケツを出してペンペンやってる姿が浮かんで勝手に拍手してた。
北村龍平がどんな思いでこれを作ったのか、そんなことが何処かに書いてないかと普段は絶対買わないパンフ買ったり関連記事など見つけて読んだ。
北村龍平がNHKの番組に出てたので見た。
映像の学校に入って学んだことは「人の言うことなんか聞くな」ということだったと吐いた暴言に「その通りじゃ」と喝采したものじゃ。
てなことを思い出しながら観終わって改めてその興奮に浸ってたよ。
 
だけどね…。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。