日々は楽しい♪

--.--.--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/

2017.10.24(火) キミスイ
ハワイに行ってたのでハワイのこと書きたいのだが、今一番書きたいのがキミスイだ。
帰りの機内シアターで…
『君の膵臓をたべたい』
タイトルが気になってて観に行きたかったのだが、帰りの機内シアターで堪能。
泣いた。
大好きだ。
上手い。
脚本上手い。
演技いい。
演出いい。
月川翔て。
監督名恥ずかしいけど大地丙太郎も恥ずかしいからしょうがない。
映画で「死に物」は基本好きではないのだが、これはいい。
なんつうか恋愛変化球死に物映画っつーか。
いくつか、ええー!っとは思いながら本流でちゃんと持ってってくれてる。
甘く切なく残酷で…心が動いた。
「いや、こんなありふれた言葉じゃダメだよね」…って、これは言ったらネタバレなので、あとは言えないわ(^^)
いや、俺はどこかの記事で、このタイトルにもなってる言葉がラストにわかると聞いていたけど、ちゃんと響いたので大丈夫だと思う。
いい映画にネタバレはないのだ。
君の膵臓をたべたい
この言葉の意味は最後にわかる。
俺にもさくらのような子がいた。
奥手の俺にいろんなことを明るく教えてくれる年下だった子が。
もう音信不通で何処にいるのかもわからないけど、彼女を思い出しながら見ていた。
その感情移入があったから余計に響いたのだと思う。
俺の少女アニメ演出の全ては彼女からもらった感性だった。
 
映画は全ての台詞に意味があって見事だった。
無駄がなかった。
/

TOP
Copyright © 2005 『大地丙太郎Web』 All Rights Reserved.
 
Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。